「ノコギリヤシエキス」について

ノコギリヤシエキスは、
「プロペシア」と同等の育毛効果が有り、

 

特に男性型脱毛症の改善に効果を発揮します。

 

5α-リダクターゼ阻害作用

ノコギリヤシには、「5α-リダクターゼ」
という酵素の働きを阻害する働きがあります。

 

ここだけ聞くと何だか良くない効果のようにも見えますが、
実は、男性型脱毛症の原因となっているのが、
この「5α-リダクターゼ」なのです。

 

厳密には、男性ホルモン「テストステロン」が
5α-リダクターゼによって違う性質をもった物質に変性させられ、

 

「ジヒドテストステロン」というホルモンが
増加することによって男性型脱毛症が進行するというロジックになります。

 

つまり、テストステロンを薄毛の原因物質に変えようとする5α-リダクターゼの働きを阻害することで、
男性型脱毛症の進行を食い止めることができるのです。

 

プロペシアとの違い

これと同様の効果を発揮する医薬品として「プロペシア」がありますが、
この「プロペシア」には「性欲減退」や「勃起不全」などの副作用が報告されています。

 

元々、プロペシアは「前立腺肥大」の治療薬として開発され、
副次的作用で育毛効果があるのではないかということで
育毛の目的で使用され始めたという経緯があります。

 

しかし、臨床被験者の中に上記のような症状が表れたという実験結果が出ています。

 

ただし、プロペシアの主成分「フィナステリド」には
そのような効果があるという理論上の根拠はありません。
そんなプロペシアとは違い、ノコギリヤシエキスは天然成分なので副作用のリスクが少ないです。

 

ただし、「天然成分=安全

副作用なし」という安易な認識は避けなければなりません。

 

実際、ノコギリヤシエキスを使用した人の中には何かしらの体調の悪化を訴えた人がいますので、
人によっては体質により合わないということは十分に考えられます。とは言え、
人工の物質であるフィナステリドよりは副作用のリスクが少ないという認識自体は間違ってはいないでしょう。