「チャップアップ」の副作用

「チャップアップ」は医薬部外品に指定されています。

 

医薬部外品は、厚生労働省によって許可されたものであり、
その効果は人体に当該商品の目的となる改善効果が期待できることが条件としてあります。

 

つまり、「チャップアップ」でいえば、脱毛の防止及び育毛の促進効果が期待される医学的根拠がある成分が含まれていることが、厚生労働省に認められているということになります。
脱毛や育毛に悩んでいる方にとっては、かなり心強い商品ですね。

 

副作用に注意

医薬部外品は、医薬品と比べれば効果は緩やかで、
副作用の懸念も少ないです。

 

「チャップアップ」は肌に負担がかかる添加物は含まれていないことが特徴の一つですが、
以下の点に注意しなければなりません。

 

頭皮に傷がある方は使用を中断

頭皮に傷があると、成分が傷口に入って、頭皮に異常をきたす恐れがあります。
頭皮の傷を完治した後に、チャップアップをご使用ください。

 

アレルギー反応も僅かながらある

「チャップアップ」は、天然成分も含めて50種類近い有効成分が含まれています。
そのため、何かしらの含有成分によって、頭皮がアレルギー反応を起こす場合もあります。

 

頭皮に発疹が発生したり、痒み、疼き、炎症が見られた場合は、
体の拒絶反応の可能性がありますので、
「チャップアップ」の使用を中断して、医師にチェックしてもらいましょう。

 

ただし、上記以外の副作用は、これといって見当たりません。
プロペシアやミノキシジルといった副作用の強い薬とは異なりますので、
頭皮に悩んでいる方であれば、誰もが気軽に試すことができます。

 

初期脱毛は効果が効いている証拠

効果が実感できる育毛剤には、初期脱毛がつきものです。
「チャップアップ」を使用しているユーザーの中にも、「使い始めたら、逆に抜け毛が増えた」と仰る方も。
しかし、これは育毛効果が出ている証拠なのです。

 

発毛には一定のサイクルがあり、今までは、そのサイクルが乱れていたため、
本来抜けなければならない毛髪が留まってしまっていました。

 

それが育毛剤によって正常なサイクルに改善されつつあるので、抜け毛が一時的に多くなるのです。
初期脱毛が発生した場合は、恐れることなく、そのまま使用を続けてください。