生活習慣を改善してつむじハゲの対策を始めよう

つむじハゲはいろんなタイプの薄毛の中の1つですが、
原因は突き止めやすいと言われています。

 

しかし、大きな要因として生活習慣が挙げられます。
もし今つむじが薄くなってきているのなら、生活習慣を見直すタイミングかもしれません。

 

規則正しい生活と食事を行う

生活習慣の中でも基本となるのが、
規則正しい生活と食事でしょう。

 

規則正しい生活とは、早寝早起き、
睡眠時間はたっぷり取るといったものになります。

 

夜更かしをしていると睡眠時間はどうしても不足してしまうので、
成長ホルモンがしっかり分泌されません。
そのため、髪も思うように成長しなくなります。

 

また、食事も薄毛対策には欠かせない点となります。
外食やファーストフードばかりで済ませていると、完全に栄養不足になります。

 

理想的な食事は、1日3食決まった時間に食べること、野菜や魚、
大豆製品を積極的に食べるようにして肉類の食べ過ぎには注意することが大切です。

 

海藻類も毎食取り入れることができるとミネラルを補給できるので、育毛につながります。
偏った食事ではなく、全体的にバランスの取れたメニューを心がけると薄毛対策になります。
そのためには、自炊するようにして外食の頻度は少なくするようにしたいです。

 

規則正しい生活を送っていくためには、
睡眠と食事の他にストレスを軽減することも大事です。

 

ストレスがつむじハゲをはじめとした薄毛に与える影響は大きいです。

 

日々ストレスを溜めがちになっている人も多いかと思いますが、
自分なりにストレスを発散できる方法を見つけておきたいです。

 

自分の好きなことをして楽しむ時間を作ると、ストレスは適度に発散できるでしょう。

 

タバコやお酒はできるだけ控えよう

薄毛の原因にタバコやお酒によるものも大きいです。

 

タバコを吸うことで男性ホルモンが増加したり、
血管が収縮したりビタミンCが破壊されてしまいます。

 

どれも薄毛には悪いことばかりです。

 

特にタバコに含まれるニコチンが頭皮には悪影響です。
血管収縮によって頭皮の血行不良が起こります。

 

そのため、髪がきちんと成長しなくなるのでタバコは薄毛に良くないのです。

 

続いて、お酒の飲みすぎにも注意したいです。
お酒は薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを増加させたり、
アセトアルデヒドによって髪が栄養不足状態になってしまいます。

 

また、このアセトアルデヒドは眠りを浅くする特徴も持っているので、
ホルモンバランスが乱れることになり薄毛を招きます。

 

よって、お酒は適度に楽しむのは構いませんが飲みすぎは控えるようにしたいです。

 

タバコもお酒も体にはよくありません。

 

今タバコもお酒もやめられないという人がいたら、
できるだけ早く少しでも減らすように心がけてみましょう。
数年後の髪のことを思って対策を始めるべきです。