生活習慣の乱れによって起きるつむじハゲについて

つむじハゲの原因の1つ目として、
男性ホルモンの関係を紹介しました。

 

そこで、2つ目の原因として、
生活習慣の乱れについて説明をしたいと思います。

 

薄毛には生活習慣の乱れが大きく関係していると言われていますが、
つむじハゲとの関係性はどうなっているのでしょうか?

 

生活習慣の乱れからつむじハゲが起きる理由

生活習慣の乱れにはさまざまな点が挙げられます。
その乱れによって、薄毛にはどんな影響を与えるのでしょうか?

 

睡眠不足

睡眠不足だという人も多いかと思いますが、
睡眠不足の状態が続くと自律神経が乱れます。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があり、
このバランスが乱れると育毛が阻害されてしまいます。

 

睡眠時間が少ないのもよくありませんし、
就寝時間がバラバラというのも育毛によくありません。

 

アルコール

アルコールは大人の楽しみの1つでもありやめられないという人も多いでしょう。

 

しかし、アルコールは飲みすぎることで
アルコール分解の際に大量の栄養が使われてしまいます。

 

その結果、髪や頭皮に行く栄養が不足してしまい薄毛の原因になります。
適度に楽しむのは良いですが、飲みすぎには注意しましょう。

 

タバコ

アルコールと同じく中毒性のあるタバコはつむじハゲを進めるばかりです。
タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させるので血行不良を起こします。

 

さらに、喫煙によって酸素不足にもなるので髪が思うように成長しなくなります。

 

食生活の乱れ

食生活の乱れが頭皮に与える影響は大きいです。
好きなものばかりや栄養の偏った食事を続けていると、
髪に必要なタンパク質やビタミン類、亜鉛などが不足します。

 

食事からしっかり栄養を取るためにもバランスには意識したいです。

 

生活習慣の乱れはストレスとも関係がある

生活習慣の乱れとして主に4つの点を紹介しましたが、
生活習慣の乱れにはストレスも関係しています。

 

ストレスは薄毛を進行させるものであり、
できるだけ溜めないようにすることが大切です。

 

そこで、生活習慣が乱れることから
ストレスも溜まっているかもしれないということを理解しておきましょう。

 

ストレスは目に見えないものですが、
適度に解消しておかないと溜まっていくばかりとなります。

 

悩みや不満を抱えているばかりでなく、
自分が楽しいと思うことやリラックスできることを実践しましょう。

 

ストレスを上手に発散しながら生活習慣の乱れも改善していけると、
つむじハゲの進行を食い止められるでしょう。