つむじハゲは男性ホルモンの影響で発症する

つむじハゲ、原因が絞りやすいため治療法も見つかり改善しやすいですが、原因の1つに男性ホルモンによる影響というものがありました。その男性ホルモンの影響とつむじハゲの関係について今回は詳しく解説をします。

 

つむじハゲの原因の1つは男性ホルモン

 

つむじハゲは頭頂部が薄くなってくる薄毛の症状ですが、原因の1つに男性ホルモンの関係が挙げられます。その男性ホルモンはジヒドロテストステロンと呼ばれています。男性らしさを維持するには欠かせないホルモンなのですが、頭皮や髪にはハゲを招いてしまいます。
ジヒドロテストステロンは元は、テストステロンという男性ホルモンでした。それが5αリダクターゼという酵素によって分解される時に、ジヒドロテストステロンに変化します。このジヒドロテストステロンはテストステロンよりもパワーがあり、男性らしさが失われたり薄毛の症状を招きます。ホルモンが変化することで、正反対の症状が起きるようになるのです。このジヒドロテストステロンがつむじハゲを進行させます。
ホルモンが変化したかどうかを自分の体で感じ取ることは困難です。しかし、薄毛となって症状が出てきたらホルモンが変化してきていると感じて早めの対策を取るようにしたいです。

 

男性ホルモンを保つために大切なこと

男性ホルモンが年齢や日頃の生活習慣によって乱れるとつむじ付近が薄くなってきます。そこで、男性ホルモンを正常に保つことが肝心になります。そのためには、健康的な生活を送り、新陳代謝を活発にすることが重要と言えます。新陳代謝が活発になると頭皮の血行も促進されるので、薄毛対策につながります。
血行促進や新陳代謝アップにおすすめな食材もあります。にんにくや生姜、はちみつといった食品に注目して食べてみましょう。どれも身近に摂取しやすい食品と言えます。また、大豆製品やビタミン類も積極的に摂取すると血行促進や新陳代謝を高めてくれると言われています。
過剰に男性ホルモンが分泌されるのは困るので、適度なバランスを保てるように維持することが大切です。そのためには、日頃の食生活に目を向けてみましょう。年齢や不規則な生活を送っていると、男性ホルモンは乱れがちになります。そこからつむじハゲにならないように、日々の生活を見直してみましょう。
ホルモンバランスは睡眠によっても左右されるので、夜は早めに寝る、睡眠の質を高められるようにしてみましょう。つむじハゲは男性ホルモンが鍵を握っています。これを適度なバランスで保つことがポイントとなります。