つむじハゲが治りやすい理由

つむじハゲは実は治りやすいハゲとも言われています。
一度薄毛の症状を感じ始めたら、早めに対策を取らないとすぎには治りません。
そんな中、つむじハゲにおいては少しでも早いケアによって効率よく治すことができます。

 

つむじハゲの原因その1 

 

つむじハゲは原因を追究することが、M字ハゲなどに比べると比較的簡単です。
薄毛の原因は男性ホルモンの関係も大きいですが、その他にもストレスや睡眠不足といった生活習慣も影響しています。そのため、なぜ頭皮が薄くなってきたのかという原因を1つに絞るのは難しいのです。

 

それに対してつむじハゲは、原因が男性ホルモンとはっきりとわかっています。
原因が分かれば治療法や対策法も的確に選ぶことができるので、他の薄毛よりも改善しやすいと言われています。つむじハゲの原因である男性ホルモンにおいては、ジヒドロテストステロンが関係しています。

 

テストステロンという男性にとって欠かせないホルモンが変化することでジヒドロテストステロンになり、ニキビや脱毛といった症状を引き起こします。

 

つむじハゲの原因その2 

 

つむじハゲの原因は男性ホルモンによるものだけではなく、もう1つ考えられています。
それが、つむじ周辺の髪の毛根は他の部位に比べると強くなっており、すぐに死なないため治りやすいと言われています。

 

毛根が死んでしまうと、次に髪が生えてくるのに期待はできなくなってしまいます。
しかし、つむじハゲにおいては毛根がまだ生き残っている可能性が高いので、対策を取ると改善されるのです。

 

特に、この毛根が死んでしまいやすい薄毛にはM字ハゲが挙げられます。
M字ハゲになると髪がなくなってしまった部分の毛根は死んでしまいます。
そのため、M字ハゲはなかなか改善されない薄毛の種類になっています。

 

その点、つむじハゲは毛根が生きていると思うと、諦めずに薄毛対策に取り掛かることができます。つむじ付近をまめにチェックしながら、薄くなってきていると感じたら早めに対策を取ることで毛根を元気にさせることができます。

 

つむじハゲは市販の育毛剤を試すよりも、薄毛治療に少しでも早く取り掛かった方が完治します。薄毛治療を専門としている病院やクリニックも増えているので、カウンセリングを受けて治療法などについて聞いてみるのも良いでしょう。